スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<口蹄疫>種牛の精液はストロー1本5000円も(毎日新聞)

 家畜伝染病の口蹄疫(こうていえき)が宮崎県で多発している問題で、「宮崎牛」のエース級種牛6頭のうち、感染の疑いが判明したスーパー種牛「忠富士」は22日、殺処分され、関係者に大きな衝撃を与えた。

 種牛1頭から採取される精液は最大、0.5ミリリットル入りのストローで年間3万5000本程度。忠富士は最大量の年間3万7900本を供給していた。宮崎牛のブランド価値を守るため、保存精液は県家畜改良事業団が全量を管理し、県内の繁殖農家だけに提供している。

 価格は、1本当たり約3000円から。血統や子牛の肉質などで評価の高いスーパー種牛の場合、約5000円に跳ね上がることもある。このほか、人工授精の技術料などが上乗せされるため、農家の負担額は同1万~2万円になるという。

 宮崎牛は県外には子牛として出荷され、生育後、出荷先のブランド名で売られることが多い。松阪牛などの名称を付ける基準は、それぞれの生産者団体が独自に定めており、子牛の出生地に関する全国統一の決まりがないためだ。

 松阪牛は、▽黒毛和種▽出産前の雌牛▽三重県松阪市を中心とした地域での肥育期間が「最長・最終」--であることなどが条件で、これらを満たしていれば宮崎生まれでも松阪牛ブランドが付けられる。これに対し、神戸牛(神戸ビーフ)は兵庫県内で生まれ育ったことを条件にしている。【窪田淳】

「辺野古」明記なら署名せず=日米合意で社民党首―普天間(時事通信)
口蹄疫 品薄の消毒剤、和歌山県が無料配布 全飼育農家に(産経新聞)
乳酸菌飲料「ピルクル」に酵母混入、自主回収(読売新聞)
全面禁輸の北朝鮮にピアノ…鳥取の古物商(読売新聞)
<裁判員裁判>点滴に水入れた母に懲役10年 京都地裁判決(毎日新聞)
スポンサーサイト

枝野氏、小沢の説明責任に期待(産経新聞)

 枝野幸男行政刷新担当相は13日夜の記者会見で、民主党の小沢一郎幹事長が衆院政治倫理審査会の出席に前向きな意向を示したことについて、「現在の説明に納得していないかなりの人達に納得してもらうことが説明責任だ。その実現を期待している」と述べ、説明責任を果たすことに期待を示した。

【関連記事】
中曽根氏が自著で小沢氏を評価 小泉氏は「期待外れ」
小沢幹事長 がん体験を披露
「しっかりお話する」 民主・小沢氏、政倫審と再聴取応じる意向表明
小沢ガールズ名誉の負傷? 三宅議員が車いすで国会に
小沢氏再聴取へ 今度こそ疑惑解明求める
少子化を止めろ!

「10年度をボトムに確実に上げていく」―アステラス(医療介護CBニュース)
「1億円金塊」泣く泣く返還…レンタル料高くなり(読売新聞)
羽根が先勝=囲碁本因坊戦(時事通信)
クリントン米国務長官が21日来日 普天間、北朝鮮への対応を協議(産経新聞)
内閣支持率 続落23%「危険水域」近づく(毎日新聞)

タプロスの伸長も国内医療用眼科薬の売り上げは横ばい―参天製薬(医療介護CBニュース)

 参天製薬は5月11日、今年3月期(昨年度)決算を発表した。主力品の国内売り上げは、角膜疾患治療剤ヒアレインが前年度比2.6%増の190億円、緑内障治療剤タプロスが約4倍の47億円と好調だったが、タプロス以外の緑内障治療剤や合成抗菌点眼剤、抗アレルギー点眼剤が軒並み減収となり、国内医療用眼科薬の売上高は0.4%増の727億円とほぼ横ばいだった。

【国内(一部アジア地域含む)医療用医薬品売上高詳細】


 緑内障治療領域では、同社が2008年12月に発売し、「最注力品」として位置付けているタプロスの売り上げが大幅に拡大したものの、▽チモプトール28億円(11.9%減)▽チモプトールXE35億円(増減なし)▽レスキュラ37億円(16.3%減)▽デタントール22億円(5.1%減)―だった。
 チモプトール2品目については、万有製薬が4月に承認を取得した同成分を含む配合剤コソプトの販売を参天製薬が担当するため、一定の患者が配合剤にシフトすると予想し、今年度の売り上げ予想はチモプトールで20億円(27.8%減)、同XEで27億円(21.6%減)を見込んでいる。

 合成抗菌点眼剤領域では、市場の縮小や競合品の影響などにより、クラビットとタリビッドの両剤を合わせて130億円(6.3%減)。抗アレルギー点眼領域では、スギ花粉の飛散が小規模だったことや、競合の影響もあり、リボスチンが32億円(24.9%減)となった。

 全体の業績については、米ボシュロム社やメルク社とのライセンス契約などに伴う一時金収入73億円や、欧州や中国を中心としたアジアでの医療用医薬品の売り上げが拡大したことなどから、売上高1106億円(8.8%増)、営業利益296億円(91.3%増)、経常利益299億円(87.4%増)、純利益187億円(84.9%増)と、増収・増益だった。

 今年度の業績予想については、昨年度発生したライセンス収入が今年度は発生しないことから、売上高は1085億円(1.9%減)と減収になる見通しで、営業利益は263億円(11.3%減)、経常利益は270億円(9.6%減)、純利益は175億円(6.5%減)と減益を見込んでいる。


【関連記事】
緑内障・高眼圧症領域に配合剤が相次ぎ登場
新規緑内障治療薬の開発・販売権を米バイオベンチャーに供与―旭化成ファーマ
緑内障治療配合剤で治療効果アップに期待
緑内障・高眼圧症治療剤の共同販促で契約―万有と参天
点眼方法、不適切が9割超

「車に傷」と代行運転手に30万円要求、恐喝未遂容疑で男逮捕(産経新聞)
与党議員、官邸前で首相批判 普天間「狂気の沙汰」 社民の山内・服部両氏(産経新聞)
小掛照二氏が死去=三段跳びの元世界記録保持者(時事通信)
知事会、公明党と参院選マニフェストについて意見交換(産経新聞)
米自治領知事が首相に親書=川内氏ら、テニアン移設要請-普天間(時事通信)
プロフィール

はまもとみつお

Author:はまもとみつお
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。